バンクイック審査の流れと注意点

バンクイックは、インターネットやテレビ窓口などで申し込むことができます。この2つは即日融資に対応しているため、急いでいる場合は是非とも活用すべきです。テレビ窓口であれば、審査通過後その場でカードを発行してもらうことができます。

 

インターネットで契約して即日融資してもらう場合は、平日14:00までに審査を終える必要があります。基本的に三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用できますが、あったほうが振込融資をしてもらう際に少し有利になります。

 

審査の流れ

バンクイックで行なわれる審査は以下のような流れになっています。

  • 仮審査
  • 必要書類の提出
  • 本審査

仮審査の後に結果連絡が届きます。審査に通っていれば、必要書類の提出などが行なわれたあと、本審査に移行します。

 

仮審査と言っていますが、バンクイックは他社金融会社と違い、機械的な審査が行なわれるのではなく、かなりしっかりした審査が行なわれているようです。そのため、仮審査に通ることができれば、かなり高い確率で融資してもらえる可能性があるのです。

 

ただ、致命的な問題が見つかった場合、本審査で結果が覆ることがあるので、確実ではありません。契約できるまでは、油断しないようにしましょう。

 

在籍確認は行なわれるのか?

電話で行なわれる在籍確認を喜んで受ける人はまずいないでしょう。できれば何とか回避したいと考えている人の方が多くいます。しかし、在籍確認は、本当に働いているかを確認するため、絶対に欠かせない審査プロセスの1つです。

 

そのため、在籍確認が行なわれないということは決してありません。

 

実際、無職者が審査に通りたいがために、ウソの勤務先を書くケースは珍しくないのです。しかし、電話が受けられない職場である、休日であるため会社が営業していないといった場合もあるでしょう。その場合は、社会保険証を提出することで対応してもらえます。

 

ウソをつくといっきに不利になる

ウソをついたり、情報をごまかしたりしても、審査はしっかり行なわれ、全ての情報は細かく確認されるので、いずれはバレます。そうなれば、審査には通りませんし、個人信用情報にも理由はかかれないにしても否決された記録が残り、次に申し込むときに悪影響を及ぼします。

 

もし、虚偽の申告をして審査に通ったとしても、それが明らかになった時点で利用の停止や一括返済を求められ、契約が強制的に解除されることもあります。

 

返済ができなければ、債務整理や自己破産手続を行うことも検討しなければなりませんが、悪質な行為を行なった場合は犯罪として見なされることもあるため自己破産ができない可能性もあるのです。ウソをついても良いことはひとつもありません。申し込むときは正直かつ正確に情報を提出しましょう。