バンクイックを利用できる人とは

バンクイックを利用できる方の条件は、満20歳以上65歳以下で日本国内に居住していて安定した収入があり、消費者金融であるアコムの保証が受けられることです。

 

原則としてこれらの条件を満たしている必要がありますが、特定の条件を満たしている場合に限り専業主婦・主夫など、収入のない方でも融資を受けることが可能です。また、本来は借り入れが難しい方でも、必要な条件を満たせばカードローンを利用することができます。

 

専業主婦・主夫は配偶者の収入で借り入れられる

家計を管理し、うまくやりくりをしていても、ときには手持ちのお金では心もとない状態になったり、予期していない急な出費に対応しなくてはならないときもあります。そんな緊急事態に対応できるよう、カードローンを持っておくことを検討している方もいるのではないでしょうか。

 

バンクイックでは、本人に収入がない専業主婦・主夫でも、配偶者の収入を元に融資を提供しています。

 

利用できる金額は30万円までと少額ですが、万が一に備えることができます。ただ、利用するためには配偶者からの同意書が原則必要になります。内緒で借りることもできなくはないですが、事前に相談したほうが問題が発生したときに助けを求めやすく、家庭内でのトラブルを防ぐことができます。

 

学生は条件を満たしていれば利用可能

学生の場合は、満20歳以上であることと安定した収入があれば問題なく借りられます。しかし、勉強に集中していて働いていない学生は借りることができるのでしょうか?

 

収入がない学生でも、親の同意書があれば10万円まで融資してもらうことができます。ただ、満20歳になっていない場合は親の同意書があっても取り合ってもらえません。

 

外国人でも利用できる?

外国人の場合は、永住権を持っている人に限られます。審査の際に、必要書類を提出する時に永住許可証を提出すれば問題ありません。

 

永住ではない長期滞在者の場合、いつ帰国するか分からないことや、返済せずに行方をくらますことが考えられるため、融資は行いません。また、永住権を持っていても、日本語が理解できない、日本に来てまだそれほど時間が経っていないという場合は、審査に不利になります。日本語が理解できなければ利用規約などが理解できないため、受け付け自体してもらえません。

 

自営業者は利用の仕方に気をつける必要がある

自営業者でも、カードローンを利用することはできますが、使い方に気をつける必要があります。というのも、バンクイックに限らずカードローンは事業資金として利用することは禁止されているからです。

 

カードローンはさまざまな用途に使えるとはいえ、基本的には普段の生活をサポートするのが目的なので、事業性資金として利用する場合はビジネス用のローンを組まなければなりません。ただ、バンクイックではビジネス用ローンは取り扱っていないため、他社で探す必要があります。